学生ローンの歴史

学生ローンの起源は、東京の学生街の高田馬場であると言われています。
現在も昔もお金がほとんどの学生に無いのは同じですが、利便性を考慮し、借金しにくい学生のために貸金業者は学生ローンをその当時始めたそうです。
つまり、学生ローンのその当時のものは、学生を支援するということから誕生したもので、高い社会貢献性があったものであると言えます。

その当時の学生より、現在の学生は豊かであると言えます。
学生ローンは、現在顧客の囲い込みを学生を支援するよりも優先しているのではないでしょうか。
まず、学生ローンを扱っている業者のメインが消費者金融であるということは、学生時代に利用したことがあると、社会人になった場合にカードローンや一般融資の利用は、申し込みを自社に行ってくれる可能性が大きくなります。
そのため、利用しやすくて借りやすい身近な学生ローンをアピールするということです。

消費者金融の業界は、総量規制の問題やグレーゾーン金利の問題など、逆風のみ受けてきたと言えます。
このような背景もあって、消費者金融の業界は、顧客を獲得するために血眼になっているのが現状です。
また、将来的には学生そのものも少なくなっていきます。
少子高齢化は確実に、そしてより深刻になってきますが、将来的に学生ローンや借金の方法も、非常に変化していくこととなるのではないでしょうか。
本サイトでは、地方でも市場が拡大、口コミで顧客を増加、学生証のみで利用可、についてご紹介します。



≪注目サイト≫
低金利学生ローンで学生を支援している金融業者です > 学生ローン 業者

Copyright © 2014 学生ローンの歴史を紐解く! All Rights Reserved.